カラダにも家計にも優しい家づくり・タカトーホーム

[お電話でのご相談はこちら]0120-37-2552
[メールはこちら]
社長ブログ

社長ブログ

先ずは愚直に続けること

2017年11月23日未分類 社長ブログ

「今やっていることが自分に合わない、

やりたいことじゃない」

と言って自分探しを続ける人が多い気がします。

では、何がやりたいかというと

それが判らないと言います。

 

私が若い人にアドバイスをするとすれば

「やりたくないことでも愚痴を言わずにやり続ける。」

 

そもそも、やりたいことが有ればそこに突き進めばいいし

判らなければ、目の前にある与えられたコトを愚直にやるのみ。

自分がやりたいこと(を社会に押し付けること)が仕事ではなく

世の中で必要とされ、喜ばれることをさせていただく

「仕事」を続ければ

それが必ず「やりたいこと」に繋がってきます。

よく考えもせず転職を繰り返すだけでは

それに出会うことは出来ません。

天職とは見つけるものではなく、

結果として見つかるものだと思っています。

 

霜の降りた朝には

2017年11月17日未分類 社長ブログ

今朝も冷え込みましたね~

通勤途中、霜がついて前の見えない車を

危なっかしく運転している人や

家でエンジンを掛けて

フロントガラスを拭いている人を何人も見かけました。

これから多くなる霜の降りた日(雨の日も)

あったら嬉しいのが「カーポート」!

ということで、

高藤建設 本社に

今回4つのタイプを見本として設置しました。

002(1台用)

001(2台用)

そして、

その中でも、今 お勧めはこのタイプ。

屋根に太陽光発電パネルが載っているモノ。(6本柱、4本柱タイプ 2台用)

004003

(屋根の)スペースを20年間賃貸する代わりに

かなり リーズナブルにお求めいただけます。

詳細は近日中に、、、

 

 

スタッフの業務も改善

2017年11月11日未分類 社長ブログ

一昔前までは 残業、休出は当たり前、休みも無い

体育会系、ブラック企業が多かった建設業ですが

今の時代そんなことは言ってられません。

 

お客様満足度を上げる為には

社員の働き甲斐、満足度も上げなければいけませんから、

世間の当たり前、出来ればそれよりは少し上を目指して

会社の法律、「就業規則」を改定する作業に入りました。

但し、それを実際に運用するには

働き方改革も同時に進めなければいけないんですよね。

いくら残業はダメ、休出はダメと言って規則で縛っても

物理的にムリを強いてはいけませんから

作業の質と量、分業、合理化、なども

会社のスタンダードとして決めていこうと思います。

サービスの質と精度を上げ、効率化して時間を短縮、常に改善ですね。

 

 

今年は楽でした

2017年11月05日未分類 社長ブログ

年一回の健康チェック、

定期検診に先週行ってきました。

一番嫌なのが胃カメラなので、

最近は鼻から入れる機械のある

「みどり病院」さんにお願いをしています。

 

保管してある過去の検診結果を出してみると

一番古いものが平成4年(25年前)

メガネ無し裸眼で1.5でした。

恐らく胃カメラもその頃からですから結構飲んでます。

今年は細い管がすんなり入ってくれ

昨年よりいい状態と先生に言ってもらえました。

但し、やっと減った体重は増加傾向、要注意です。

検査結果に安心せず

定点観測、自己管理(陶板浴で体を温めるコト)を続けます。

 

 

 

カレーは飲み物

2017年10月30日未分類 社長ブログ

タレントの故 ウガンダ・トラ さんの名言です。

その言葉を店名にしたカレー屋さんの新橋店に行ってきました。

SL広場の前、

サラリーマンの聖地、ニュー新橋ビル地下1階の飲食街は

12時前に早くも行列店が多くあります。

001

(この後、私は少し待って座れましたが直ぐに行列が出来ていました)

メニューは2つ、黒い肉カレーと赤い鶏カレー、

ご飯は小から山盛まで同じ値段、

それとトッピングが10種類から3つ選べます。

これはホテルで食べるような高級カレーを1,000円以下で

お腹一杯食べて欲しいという想いからなんだとか。

 

座って待つこと数分、トッピングを聞かれ番号で答えると

直ぐに出てきました。

003

よく煮込まれた牛肉がゴロゴロ、

サラッと系ではなくトロミのあるコッテリ欧風カレーです。

それ程辛くなく途中まで食べたらカウンターにある

ハバネロをたらし、レモンを絞り、粉チーズをかけるなどして

味変を楽しむ様です。

値段も手ごろで、味も確かなコクのあるカレー。

またまた好きなカレー屋さんが増えました。

 

盛り土のおかげで

2017年10月24日未分類 社長ブログ

台風一過、雨はやみましたが、

強風は一日残りましたね。

それと台風の置き土産がもう一つ、大雨の後の雨水。

これによる

道路冠水や床上、床下浸水のお宅もあった様です。

弊社も道路冠水でスタッフ数人が出社できず遅れてきたり

タカトーオーナー様の近隣でも

床上浸水の被害があったと聞きました。

(こちらのお宅は新築工事の際、周りの状況から

盛り土をおすすめした為、浸水の被害は免れました)

新たな土地に新築をする際は

平時には判らない雷雨や、大雨の時の状況を

永く住まわれる近隣の方に尋ねる等も必要かもしれません。

建ててしまってからでは間に合わない、

オーナー様が気がつかないアドバイスも

プロとして意識してしなければと思います。

 

 

正直に

2017年10月20日未分類 社長ブログ

日産、神鋼、商工中金、

最近、大きな組織の不正が相次いでいますよね。

実際、トップと現場の意識の乖離があるようです。

そして、単に現場に責任を押し付けて、最後にトップの辞任では

何も解決しないでしょう。

大きくても小さくても、わが身を振り返り

間違いは自分事として正し

組織の風通しを良くする必要がありそうです。

 

10年前、代表になった頃、

学ばせて貰った成功の法則、

   勉強好き、

   素直、

   プラス発想、

   高い志し、

   現場第一主義、

これを想い起こしました。

ブレずに我が身に置き換え反面教師とし、

正直な商売をするように心していきます。

 

先ずは、体感を

2017年10月14日未分類 社長ブログ

雨模様の天気が続き一気に晩秋の気温(?)、

こんな肌寒い日には「還元陶板浴」がお勧めです。

体の芯から温まりますよ。

 

ところで、

数日前、スタッフの磯島さんから

改めて「陶板浴とは?」の質問をもらいました。

古い資料を引っ張り出して

自らも確認しながら、お勉強会です。

昭和40年代頃から現代までの家造り、その過程でおこった

様々な問題や、カビ、ダニ、シロアリ、化学物質、の増加、

アトピー、喘息、化学物質過敏症の急増、

室内換気の義務化、

プラスイオン、マイナスイオンの話し、

交感神経、副交感神経とは、

免疫システムと自律神経の働きの関係、

などなど、

知って欲しいことが多くて、

おそらく一度聞いただけでは  ???  だと思います。

 

抗酸化溶液が開発され、それを活用した

還元陶板浴が創られ、10数年、

国内、海外でも多くの効果(の声)が聞かれます。

そして何故効果があるのか? は少しずつ

説明がつくようになってきました。

スタッフにも、お客様にも

伝える努力は続けていかなければいけないですね。

 

ただ、論より証拠。

先ずは御自分の体で体感頂けるように、

そして、その効果を活かしたお家造りを

知って頂けるように努めていきます。

 

何を?

2017年10月08日未分類 社長ブログ

最近良く聞かれました。

「何を建てているんですか?」

002

隣接の新駐車場の一角に建てているモノは、

間もなく完成予定の新倉庫です。

 

工具や備品の整理整頓、

タイムリーな資材の納品、

産廃の軽減と適切な処理、

等々

多くの課題を解決する為に

新本社計画の最後に追加を指示しました。

本当は7月中に完成の予定でしたが

お客様の工事優先と言う理由で、(と聞かされ)

だいぶ遅れていました。

(工事部長は社長に度々お小言を言われてました)

 

各自が問題意識を持って業務改善を考え、解決法を探り

向上出来る取り組みを(する為の投資は)今後もしていきます。

 

みんな揃うと嬉しいです

2017年10月02日未分類 社長ブログ

10月になり

秋晴れの良い天気が続きますね。

この週末も各地で小学校、

幼稚園、保育園の運動会が多かったようです。

御家族の楽しい想い出がまた一つ増えたことでしょう。

タカトーホームでもそんな週末に二家族様に

お引渡しをさせてもらいました。

それぞれの御家族の想い出に

この日を加えていただければ嬉しいですね。

 

ところで、

先週は出張のスタッフが多く

今日は久し振りにほぼ全員揃った朝礼でした。

皆の元気な顔を見ると自然と活力も沸いてきます。

それぞれに学んできた事を

ただ見てきた、聞いてきた、で終わらせず

どう受け止めて、どう消化して、

どうアウトプットしてくれるのか、を

私は常に課題として求めています。

彼らそれぞれの解答がとっても楽しみです。

 

 

2 / 12012345...102030...最後 »