カラダにも家計にも優しい家づくり・タカトーホーム

[お電話でのご相談はこちら]0120-37-2552
[メールはこちら]

【係長】磯島 諒子

笑って、笑って打合せ。
家ができるにつれて「打合せがなくなったら寂しい」なんて。

 

【部署・役職】設計
【名前(ふりがな)】磯島 諒子(いそしまりょうこ)
【生年月日】9月8日 おとめ座
【血液型】B型【出身】栃木県宇都宮市
【資格・特技】二級建築士、細かい作業が得意(模型とか小さいモノを作るのが好き)
【趣味・お休みの日の過ごし方】お酒が好きですね。ビールも好きですし、甘いカクテルとかサワーとかも好きです。あとは映画ですね。車の映画とか「ワイルドスピード」が好きです。

 

【磯島のブログはこちら】

 


 

あなたのお仕事を、わかりやすく教えてください。

 

お客様の理想のお家をカタチにするのが私の仕事です。
主にはご契約前の打合せから参加させて頂いてご要望をお聞きし、2~3回ご変更の打ち合わせの後、ご契約。その後は間取りや仕様、色などの打合せなど本格的に家づくりの打合せをさせて頂きます。
お客様と一緒に進めていくのがタカトーホームのスタイルです。

 

お家づくりのスタートはみんな「なんとなくこんな雰囲気がいいかな?」というぼんやりした所からはじまります。私のタカトーホームの家づくりは、そんな漠然とした所からで大丈夫。そこからが私たち設計の腕の見せどころ。今までの事例や経験から具体的なイメージをご提案したり、ご家族が住みやすい家に設計し、カタチにしていきます。

お客様自身が、新しい家で、生活している様子が思い描けてきたら、ゴールが近づいてきます。それが、良い設計図になってきた証です。

 

タカトーホームに入った理由は?

 

小さいとき、お父さんと日曜大工をするのが楽しくて、“大工さん”になりたくて工業高校行ったんです。でも、高い所が苦手だった私は設計の道へ進もうと思い専門学校へ。
宇都宮の設計事務所で少しの間勤めましたが、21歳の時、太田へ越してきました。そこで、タカトーホームの求人情報を見て応募しました。
家づくりの仕事は年々楽しさが増していっています。夢中になっているとついつい時間を忘れて没頭してしまい「早く帰りなよ!」と言われることもしばしばあります。

 

 

「この仕事、やっててよかった!」と思った事は?

 

やっぱりお客様と顔を合わせている時が、一番楽しいですね。

毎回の打ち合わせ。お客様と話しが盛り上がってついつい話がそれちゃう。
笑って笑って打合せを進めて、本当に楽しくなってくると、家ができるにつれて「打合せがなくなったら寂しい」なんて気分になるんです。
家造りは打合せの期間も長いので、打ち合わせ中お腹にいた子が引渡しの時にはハイハイしてたり。

 

先日も嬉しいことがあったんです。

お家をお引渡ししたご家族からのメッセージに、

「娘の夢が、家を描くことになりました」って。

なんだか込み上げてきちゃいました。

 引渡しした時は「他の設計士さんだったらもっと良い設計できたかも…」と思うこともあるけど、でも喜んでくれるお客様を見てると、一生懸命やって良かったなぁって思います。

 

 また、設計士としては、打合せでもお客様とイメージが共有できた瞬間は嬉しいですね。
例えば、図面を見ながらの打合せでも、特に女の人は平面図だとイメージしづらい部分もあって、手書きで横から見た図を書いたら、お客様もイメージできてきたみたいで。
「ここもっとこうしてほしい」と要望頂いたり、話が弾んできたり。私の画は少しマンガチックな画なんですけど色付けてわかりやすくするように心がけています。
数字の話が多くなる時、幅とか高さとかつまんないので、色をなるべく使うんです。
タイルの色選びとか、色を使うと奥様には特に楽しんでもらえるので。
最終的には奥様のご要望を中心に作っていくと、家族が住みやすい家ができることが多いので。そんな工夫をしています。

 

今の仕事の大変なところは何ですか?

 

基本的には私、人見知りなので、初めてのヒアリングはとても緊張します。緊張して手がびっちょりになります。(笑)
小さなミスでも極力しないように注意を払っています。家は大きな買い物なので、お客様も神経質になっています。それでも、何かあったときは、その原因を包み隠さず、正直にお話するようにしています。

私のミスであれば、私のミスであると。私がそうなのですが、何かあったときに、その原因がわからないと「大丈夫」って言われていても不安は残りますよね。

大切な買い物であることに責任をもってお客様に向き合いたい、これが私のポリシーです。

 

 

社内で「これをやらせたら右に出る物はいない」ことは何ですか?

 

手先の器用さかな。ガチャガチャとか好きで、模型を作ったりするのも好きです。

100円ショップのお皿をちょっとアレンジしてオシャレにしたりするのが好きです。 即席料理も得意で「あるものでおつまみ作れ」と言われたら、すぐ作れます!
あとは・・・誰よりも寝ていられること。(笑)

ほっとくと13~14時間平気で寝てられちゃいます。

 

今後、仕事(もしくはプライベート)で実現したい夢は?

 

先程もお話したのですが、私にとって良い設計とは、お客様が新しい家で暮らしている様子が想像できる設計だと思うんです。

お母さんが家事をしていて、子どもたちが遊んでいて、お父さんが帰ってきたらお迎かえをして、着替えて、食事して・・・ なんて。

 

それを設計図としてわかっていただくのはもちろんですけど、

タカトーホームにはショールームがあるので、そこでお家を建てる前に感じていただけたらもっといいなぁと思っているんです。なので、ショールームももっとお客様の暮らしが想像できるように進化させ続けていきたいと思います。

 

また、設計士としては、もっと知識の幅を広げて聞かれたことには、

全てに答えられるよう勉強していきたいです。
設計という分野だけでなく「家具はどんなものを置いたら映えますよ」とか、「こんな木を植えたらいいですね!」とか、住み始めてからの暮らしのことまで、しっかりとご提案できる様になりたい。
また、土地のこと、法規のことにももっと強くなりたいですね。
まず、土地のことを知っていないと、家の知識だけあっても、その土地に合った良い家は建ちません。
何かあるたびにいちいち調べていると時間がかかるので、すぐパッと出る様に日々勉強です。

 

プライベートでは・・・ですか? 

1週間くらいは飲んで寝て・・・暖かい所に行きたいですね。沖縄とか。あ~沖縄でオリオンビール飲みたい!

 

タカトーホームの好きなところは?

 

ガヤガヤしているところ(笑)良い意味です。

 

ありがたいことですけど、私、悩んで「あ~、どうしよう」って心の声が漏れる時があるんです。

そうすると、みんが「どうしたの?」と声をかけてくれる。設計だけじゃなく、営業さんや、監督、担当外の人でも声をかけてくれるので、「一人のお客様をひとりでやっているわけじゃないんだ」って思えて、心強いです。