カラダにも家計にも優しい家づくり・タカトーホーム

[お電話でのご相談はこちら]0120-37-2552
[メールはこちら]

社長物語

 

 

「大森君、君のやっていることは作り手のエゴだよ。
 私たちの仕事で一番大切なことは、お客様を幸せにすることだ」

 

 ---その通りだと思いました。

 

 

良い家をつくっていれば売れる、お客様に支持される。
そう思っていた私にとって、この言葉は考え方を改めざる得ない衝撃的な一言でした。
何を隠そう、私自身が、高金利の住宅ローンで家を建て、生活が窮屈になっていたからです。

 

「お客様には自分と同じような苦しい生活ではなく、
 カラダにも家計にも優しい家づくりを提供したい」

 

私の考えが「モノづくり」から、「お客様の幸せづくり」へ移った瞬間の出来事でした。


 

 

改めまして、こんにちは。
タカトーホーム代表の大森美明です。

 

このページでは、私たちタカトーホームが「カラダにも家計にも優しい家づくり」を志すようになった経緯を、僭越ながら私自身の事をお伝えする中でご紹介させて頂ければと思います。


私の生まれは、群馬県桐生市。

中々子どもができなかった両親の待望の一人っ子として生まれ、ほどなく父親は脱サラし、
仲間と共に事業を起こしました。

 

しかし、何不自由なく過ごしてきた私たち家族に、事件が起こったのです。

 

 

「田舎に行くぞ」          

小学校6年生のある日、両親から突然宣告された引っ越し。
ずっと過ごしてきた“マイホーム”を離れ、借家暮らしに。
実家を失った瞬間でした。

 

 

一変した生活を経て決意したこと

 

両親と祖母と私、6帖2間の長屋での4人暮らしが始まりました。

 

これまで住んでいた一軒家での何不自由ない生活から一変したことに、子どもながらショックを隠せませんでした。自分の生活もさることながら、両親が苦労をしている姿を目の当たりにしたからです。

 

「将来は一級建築士になって、自分の力で立派な家を建てるんだ」

 

一変した生活を経て、私は決意しました。
今思えばこの時の決意こそが、その後の人生を左右する、一番大きな決断だったと思います。

 

 

「間取りを描いてみろ」父親の言葉から始まった私の家づくり

 

そんな夢を知ってか知らずか・・・中学1年生の時のことです。

 

父親から、「自宅の間取りを考えて、自分で間取り図を描いてみろ」と言われました。

実は、引越し後、親戚から土地を借り、
小さいながらも家を建てられることになったのです。

 

そして父はその家の間取りを、私に考えさせようとしたのです。
何を言ってるんだ?
と一瞬戸惑いましたが、その半面で、「面白そうだな、やってみたい!」とも思いました。

 

 

一心に間取りを考え、図面をひくことに打ち込みました。

しかし、当時の私は中学生、当然住宅についての知識なんてあるはずはありませんでした。

家のプランは、そう簡単にできるものでは無かったのです。

 

やっとのことで図面が完成し、工事に入ると、大工さんに嫌がられました。
当たり前ですよね、
素人の中学生が間取り図を作ってきて、大工さんにあれこれ指示をするわけですから(笑)

 

それでも良い家を建てたい、そんな想いで必死でした。
そしてやっと完成した家・・・正直、うれしかったです。

 

ただ「もっと良い家を建てたい」
そんな気持ちも、どこかにあったかもしれません。

 

これが私が初めて手掛けた住宅となりました。

 

嫌がりながらも大工さんがしっかり仕上げてくれたお陰で、家族も喜んでくれました。作り手としての醍醐味を知る、原体験となりました。

 

 

髙藤建設、髙藤社長(現会長)との出会い

 

その後、大学の建築学科を卒業し、地元のゼネコンへ就職。

「人の3倍働け」の教えの中で、厳しい環境の中で建築を学びました。
念願だった一級建築士の資格も取得し、ビッグプロジェクトも任されるようになり、充実した日々を過ごしていました。

 

そんなゼネコン時代に、住宅事業の下請けとして共に家づくりをしていたのが、髙藤建設でした。

 

下請けと言っても、当時20代の私からすれば、髙藤会長はじめ皆先輩です。
たくさんお世話になり、飲みに連れていってもらったりもしました。

 

 

そんなある時のことです、軽トラックでやってきた髙藤会長がから、お酒のお誘いを受けました。

 

「大森くん、一杯飲みに行こうよ」

 

当時は気軽な気持ちで付いて行ったのですが、
実はこれが私の人生を大きく変える転機となったのです。

 

「今度、株式会社をつくるから君に来てほしいんだよ。
 来てくれたらいきなり役員になれるよ」

 

思ってもいなかったお誘い。当時まだ20代だった私は、
驚きを隠せなかったのと同時に、その話に魅力を感じました。

 

 

しかし、私は断るつもりでした。
父親が事業を失敗したことも経験していたので、
事業をすることのリスクは若輩者ながらわかっているつもりでした。
だから事業をしようなんて考えは、毛頭ありませんでした。

 

ただその一方で、このまま今の仕事を続けることにも自問自答がありました。

 

「住宅の仕事がしたい」という強い想い。
「将来は絶対に自分で立派な家を建てるんだ」

 

という少年の頃の自分の想いが、
ふつふつと沸き上がっているのも感じていました。
時間の猶予をもらい、自分なりに悩み考えました。
でも、今思えば初めから答えは決まっていたんだと思います。

 

そして半年後、私は株式会社髙藤建設に社員第一号として身を置くこととなりました。

実は、結婚して1年、長女が妻のお腹の中にいる時でした。
よりによってそんな時期に安定したゼネコンから、根も葉もない住宅会社への転職。
「バカだなぁ」と自分の決断ながら呆れてしまいます。

 

でも、どうしてもやりたいことだったんです。

 

 

良い家を造ったら売れなかった

 

私はさらに家づくりにのめり込んでいきました。
より良い家づくりの追求のためにと、自宅も建築したのもこの時でした。

その中でだんだんと、自分の考える「理想の家」とは何か? 
その答えが少しずつ見えてきました。

 

しかし私の想いと現実は大きくかけ離れていました。

 

どんなにいい家をつくっても、
お客様から選んでもらえなかったのです。

 

つまり、売れませんでした。

 

「とにかく良い家さえ作っていれば、お客様が喜んでくれるはずだ!」
そう思っていた私にとっては、
「こんなに良い家が選ばれないなんて、きっとお客様の見る目が間違っている」そんな風にすら思っていました。

 

今、当時の私に声をかけてあげるとしたら、こう伝えます。

 

「その考えは、大きな間違いだ」

 

当時の私たちはとにかく住宅の品質を追い求めていました。
当然過度な品質の良さを追い求めるほど、値段が高くなる。
だから結局お客様も、せっかく気に入って頂けたのに買うことが出来ず、
我々の前から去ってしまう。

 

だから最後は、値引きしてでも買っていただく。
当たり前の話ですが、値引きをしたら利益が上がらないので、
ちっとも会社の皆の仕事は楽になりませんでした。

 

「こんなに働いたのに、なんで赤字なんだ?」

 

良い家を造りたい。
でも、良い家を造ったら売れない。

 

 

私は頭を悩ませていました。

 

 

「モノづくり」から「幸せな暮らしづくり」

 

 

そんな悩み深き頃、ある人と出会いました。

その方は、以前私と全く同じ悩みを抱えていて、その時あることに気づいたそうです。

それは作り手の考える良い家が、お客様にとっての良い家とは限らないというのです。

 


 

「いいかい大森君? そもそも、家は何のためつくるかもう一度考えてみなよ?」

 

家はお客様が幸せに暮らすために建てるものだ。
だから、いくら作り手が良い家と思っていても、お客様が高くて買えなかったり、
無理してローンを組んで、その後の生活が苦しくなっては意味がない。

 

朝・昼・晩、家族みんなでカップラーメンをすすっている。
そんなことあってはいけないだろ?

 

 

大森君、君のやっていることは、作り手のエゴだ。

 

私たちの仕事で一番大切なことは、お客様を幸せにすることだ」

 


 

この一言は、「いい家をつくっていれば売れる=お客様に支持される」と思っていた私にとっては、
衝撃の一言でした。

 

と、同時にお客様目線になってみると、その通りだと思いました。

 

何を隠そう、私自身が、高金利でローンを組み(当時の金利で6.3%、最初の2年くらいはほぼ金利を払っているような状況)、生活が窮屈になっていたからです。

 

「お客様に自分の様な苦しさを提供することはできない」

 

「モノづくり」 から 「幸せな暮らしづくり」へ。
私の新たな挑戦が始まりました。

 

 

幸せな暮らしは、どうつくる? 

 

「幸せな暮らしをつくる」と決意したものの、
そう簡単に出来ることではありません。

 

工夫を重ね、なんと品質を落とさず、お客様の手が届く価格で家を提供できるまでにはなりましたが、
「それだけで幸せな暮らしが提供できてるのか?」と、疑問に思う毎日でした。

 

そんな時、私はあることに気がつきました。

 

娘がアトピーで悩んでいたのです。

 

「親としてなんとかしてあげたい」そう思い、調べてみると、
アトピーを治すためには、家の空気環境をよくすることが大切だと知りました。

 

娘のためにも、そして同じようにアレルギーで苦しんでいるお客様のためにも、
空気の綺麗な住環境をつくりたい。

 

全国を飛び回り最適な方法を模索しました。

 

そして辿り着いたのが、現在のタカトーホームの住宅でも使用されている、
稚内珪藻土(わっかないけいそうど)と抗酸化工法(こうさんかこうほう)でした。

 

 

住まう人が健康であればきっと、幸せな暮らしが提供できる

 

その効果は一言で言うと「住んだ家族が健康に住まい続けられること」です。

普通は排気を出す家が、逆に外から取り入れた空気を浄化して外に出す。そんな自然の浄化装置と言われるような家づくりとの出会いは、私のそれまでの概念をガラっと変えることにもなりました。

 

「これは住まう人が幸せに暮らせる理想の住まいだ」

 

住まう人が健康であればきっと、幸せな暮らしが提供できるはずだ。当時、常務だった私は、坪単価数万円増でできるこの工法を取り入れようと必死でしたが、そのコストアップを営業に認められず、建売住宅でコソ~っと試させて頂きながら、その技術と実績を磨いていきました。

 

 

社長就任 全棟これでいきます!

 

「次の社長は君にお願いしたい」

 

ある日、私は、髙藤会長から会社を引き継ぐことを打診されました。
驚きました、
自分が社長になることなど思ってもいなかったのです。

 

身内でもない私に、自分が創った会社を託そうというありがたい会長の想いは伝わりましたが、
社長就任の話を家族にした時、特に妻から猛反対をされました。

 

しかし設立当初から自分が携わってきた会社であり、
何よりこれまで家を建ててくださったお客様がいる。

 

・・・私の答えは一つでした。
「私の家も地元にある。だから逃げも隠れもしません」

 

そんな固い決意で社長に就任しました。

 

「必ず、住んだ人が幸せになる家をつくる」

 

稚内珪藻土と抗酸化工法を使った家づくり。
そして、お客様が幸せになるための資金計画・プランづくり。
これをタカトーホームの家に住まう全てのお客様に提供する。

 

その想いで私は、ほどなくしてある宣言をしました。

 

 

社長就任、そして社員が離れて行く

 

社長に就任して、2年目。
当時の会社の体質を変えるためにも、

 

「これからのタカトーホームは全棟健康住宅をつくる」

 

と、社員一同を集めて宣言したのです。

 

当時のメンバーからは猛反発を受けました。
同時に「値引きはしない」という方針をはじめ、
特に営業にとっては厳しいルールを敷きました。

 

当時の社員にとって、特に営業には厳しいルールを設けた為でした。
そしてそれを期に当時の営業メンバーは全員退職してしまいました。

 

一緒に頑張っていたスタッフが辞めてしまったのは、正直ショックでした。
しかし私の決意は変わりませんでした。
お客様に喜ばれる、幸せな暮らしを提供するために確信の持てる方法は、
それしかなかったのです。

 

 

息子の家をお願いできないか?

 

確信をもってすすめた改革ではありましたが、精神的には限界でした。
もう少しで心が折れるかもしれない。
そう思っていたある時、とあるオーナー様からご紹介をいただきました。

 

「息子の家をお願いできないか?」

 

その一言をもらった時、私はなんだか救われたような気持ちになりました。
これまでもお客様からご紹介をいただくことはありましたが、
オーナー様の息子さんの家づくりをお願いされたのは初めてだったからです。
感激しました。

 

「自分の子どもの家を建てるつもりで、精一杯やろう」

 

そんな想いから、これからの暮らしがゆとりある暮らしになるように、家を建てた後も家計に優しい、余裕のある資金計画を立てさせていただきました。

 

そして、迎えたお引渡し。
良い家が建ったという充実感と同時に、別の感情が生まれました。

 

「住まう人の幸せな暮らしが出来上がった」

 

作り手のエゴを押し付けた家を建てていたら、きっとこんな風には思わなかったと思います。

 

「そうか。あの時にあの人が言っていた“お客様の幸せをつくる仕事”って、
 こういことだったのか」

 

自分がこの仕事を通じて、なにをすべきなのか?
ハッキリとそれを自覚しました。

 

 

カラダにも家計にも優しい家づくり

 

 

2017年、私の娘が家を建てることになりました。
私は3人の娘の父親です。その時伝えたのは「身の丈に合った自分たちらしい家づくりをしなさい」「余裕を持った計画をして、家族が健康でノビノビ過ごせる家をつくりなさい」ということでした。

 

歳は取りたくないですね。
いつの間にかタカトーホームのお客様も、自分の子どもと同世代が増えてきました。
だからこそこれまで以上に「自分の子どもの家を建てるつもりで、お客様にアドバイスをしなくてはいけない」と思っています。

 

今のタカトーホームの家づくりは、私とスタッフが、
純粋に「お客様の幸せ」を願って辿り着いた家づくりです。

 

地元の住宅会社として、私は逃げも隠れもしません。

 

そして、お客様の幸せな暮らしを一番に考えた
「カラダにも家計にも優しい家づくり」をこれからも提供させて頂きます。

 

 

私の夢には続きがあります

 

実は、私は密かに描いている夢があります。
それは、タカトーホームで家を建ててくれたお客様に、もっと暮らしを楽しめるご提案をしていきたいということです。

 

そのためには、お引渡し後のお客様との繋がりを強く持ち続けること。
いつでも気軽に遊びに来ていただけるような、
アットホームな会社にしていくことが必要です。

 

理想は、タカトーホームが地域の幸せな暮らしの発信基地に。
そんな夢を描きながら、これからもスタッフ一同頑張ってまいりますので、
どうか暖かく見守っていただければ嬉しく思います。

 

タカトーホーム 代表取締役社長 大森美明

 

 

→カラダにも家計にも優しい家づくりの詳細はこちら

 

→自ら北海道・稚内で確かめてきました「稚内珪藻土体験記」はこちら