カラダにも家計にも優しい家づくり・タカトーホーム

[お電話でのご相談はこちら]0120-37-2552
[メールはこちら]

太田市I様邸

ご主人= 奥様= インタビュアー 丹羽・武藤・桑原=丹・武・桑

(I様邸が載っている「群馬の注文住宅」を見ながら)

:これが今回の号で出させてもらったやつです。

営業担当が石井になっているんですが、20代30代の若いスタッフが良いって事でそこには僕が出場できないんです。(笑)

:あはは

 

 家づくりのキッカケ

 

:家づくりを最初に考えるようになったきっかけ、ってなにかありました?

:うーん。結構、知り合いが建てはじめて、それからですね。

「じゃあ、うちも建てようか。」みたいな。(笑)

:あはは

:最初、建売りを検討していたんですよね、当時はどんな家が理想でしたか?

:ん~、僕はリビングが広い…それくらいですかね。あとはナチュラルな感じがいいなって。

:そこは最初から一貫してましたよね。

:そうですね。

:じゃあ、この床材(ユーロオークアンティーク)なんかはもう…

:はい、最初から。僕は最初は濃い色がいいって言ったんですけど。

:タカトーさんの台之郷の建売を見た時に「この床がいい」って。

:台之郷の床もこれと同じだったんですもんね。

:そうですね。

:奥さんは他にどんな理想がありました?

:水回りじゃないの?

:そうそう、この配置。

:子どもが遊んでるのを、家事をしながら見ていられるって。

 

:小上がりの和室も最初はフラットだったんですよね。上げてみてどうですか?

:迷ってたんですけど、こっちで良かったなぁって思ってます。小上がりのが和室として分離していいのかもしれないですね。

 

 

:友達もウチの和室みたいに小上がりを高くしたかったみたい。

お客さんが人が来てダイニングでごはん食べてても、「子どもたちは畳の上で遊んでて~」、みたいに目も行き届くし。

 

「がんばりましょう」、この言葉が決め手でした

 

:建てる前に他社さんでも検討なさったりしていましたか?

:してましたね。

:それでも嬉しい事にウチを選んでもらって(笑)

:はい。もう一発で。

:もう雰囲気が気に入っちゃって、もうタカトーさんに任せれば間違いない、大丈夫だなって。

:ありがとうございます。そういってもらえるのが一番嬉しいですね。

:他も結構見たんですけどね。

:なにか違いました?

:違いましたね。

:ビビッと来たのはタカトーさんだけでしたね。

:じゃあ、そういった意味での感性で選んで頂いた感じですね。

:でもちゃんと決め手もあるんですよ。

他社で「予算はこのくらいで、こういう土地が良い」、って言うと、「予算的に安い土地じゃないとダメですね」みたいに言われて。

:あ~。

:で、紹介された土地が「えっ、ここ!?」みたいな(笑)

で、「南矢島とかは…」なんて言ったら「絶対無理です」なんて言い方をされたんです。

でも丹羽さんは、ここ(今の家の土地)を見せてくれた時「予算がちょっとオーバーするかもしれないけど、がんばりましょう!」って言ってくれたんです。

それが決め手でした。

他では「無理です」って言われてたのが「がんばりましょう」って言ってくれたので。

:頑張ればなんとかなるんです。いや、ちがう。岩元さんの日頃の行いが良かったからです。(笑)

一同:あはは

 

旦那が毎回「今日も打合せ楽しかった~」って(笑)

 

:家づくりにめげそうになった事ってありました?

:いや、意外とそれが…楽しかったっていうか。結構周りの人は打ち合わせが苦になるっていうんですよ。

:夫婦喧嘩するっていうのもよく聞くしね。

:それがあんまりなかったですね。まぁ僕が折れた事もあるんですけど(笑)

:正直「これだ!」ってエピソードがないんですよ。

打合せ終わったとき、旦那が「今日も打合せ楽しかった~」って言ってたことくらいしか(笑)

一同:あはは

:本当に楽しかったんですよ、だんだん出来上がっていくのも楽しかったしね。

:僕たちも「誰にインタビューしようか?」って話になった時に、「Iさんがいい」って話にすぐなって。

:うれしー。

:でもそういう結果なんでしょうね。お互いに良い雰囲気で造れた家が良い家なんですよ。

:うんうん、打合せも楽しかった。

:毎回毎回楽しく順調にって感じですか?

:うん。それでお姉さんとこっちゃん遊んでてくれるしー。なんか、本当に順調にい

ったんで。大工さんもすごく良い人人だったし。

:飯塚建築さん。

:わたしが見に来るとー、こはると遊んでてくれてたり、一緒になってなんか測ったりもしてましたね。(笑)

:お陰様で職人も良い職人が多いんですよ。監督もああいう感じだし。でもそういう結果なんでしょうね。お互いにこう、いい感じで行ったなっていう家が良い家なんですよ。

こはるちゃん:☆○※□(ハイチュウをもってきて、「開けて」のしぐさ))

:この子もタカトーさん来ないの?来ないの?ってよく言うんです(笑)

:ほんとー(笑)あっ、この間展示場に遊びに来てくれたのにあたし居なくてすみませんでした。今日すっごい楽しみだったんです。

そういえば、こっちゃんの部屋に小さいテーブルっていうか、机みたいなのあるじゃないですか?あれって…

:あれは、大工さんに造ってもらったの。

 

:それを作ったウチの千葉(監督)は定年退職になったんですよ。

:あ~そうなんだ!

:本当は千葉がインタビューに来ててもいいんですけど。お陰様で定年で勤め上

げて退職になりましたので。ただ大丈夫ですよ。カスタマーサービスもあるから。

:武藤は設計で何か苦労した事とかありますか?

:苦労ですか?苦労…はしてないですね。楽しかったです。

自分もこういうカワイイ雰囲気とか好きなので、「それならこっちの方がいいですよ」とかそういう感じで。(笑)

:なんか何でも聞いてたよね?「武藤さんだったらどうします?」とか(笑)

:そうそう(笑)


DSC_049800
:あっちなみに僕は、ここの北側からの眺めを一番気に入ってるんですよ。

武藤の北窓のデザインもいいし、奥さんが選んだ白いフェンスも良かった。僕はそれを見るのが楽しくてここを通るんです。(笑)

一同:(笑)

 

:全て偶然とか、縁とかだと思うんですけど。

ここに土地があったのも縁だし、あの時に建売の売出があったのもすごくいい時期だったんで。まあ、僕の思いとしては本当に良いものができたなぁって。

だから、次お客さん来たときI様のお宅に連れてきていいですか?

 

:はい。掃除しなきゃ(笑)

 

珪藻土のパワー

 

:実際に建てることが決まって、武藤は設計でどんな事を意識した?

:ナチュラルは意識しましたよ。あと、可愛くなるようにとか。

間取りは、使いやすさとか考えて設計しました。住まわれてみていかがですか?

:うん。使いやすいです。

:今住んで、半年ですか。

:そうですね。本当に使い勝手がいい、あと冬場。

珪藻土は朝起きても不思議とノドが痛くならないですね。

:そう。前のところではいっつもノドが痛くて、加湿の為に濡れたたタオルを干したりとかしてたんですけど。そういえばこの家に住み始めてからなくなったなって。

前はなんかこもってこもって、妊娠中とかは気持ち悪くなっちゃったりしてたんですけど、暖房つけてても乾燥しない。

このあいだ友達が来た時もびっくりしてました。

:あと、朝起きた時にそんなに寒くないって、他のお客さまは言いますね。

:あぁそれはありますね。

:暖房消してから暖かさが持続するよね。

:結露とかはどうですか?

:あ、全然ないです。

:武藤さんよかったね。これから自分の家造るから(笑)

:あ、まだ建ててないんですか?

:そうですね。(笑)

:正直な話、社員の家なんで後回しにされてるんです。(笑)

一同:あはは

:この家って接着剤とか何も付けてないんですよね?

:つなぎで入れてるのはケナフっていう一年草の植物の繊維です。変な接着剤とかつなぎとか入れるとニオイが出るんですよね。

:ニオイね。新築できてすぐの家って、ニオイすごかったもん。

:うん。

:タカトーさんの家は違ったよね、トイレの換気扇を止めちゃっても、ニオイこもって無いよね?

:うん。

:前の家はなにか、こびりついちゃうような…

:確かに珪藻土は匂いを取ってくれてるみたいなんで。

:ホントに匂わないですね。

:お料理しても、お料理のニオイって出るじゃないですか。

:うん。

:消えてると思うんですよ。朝になったら。

:そうですね。消えるのが早いと思います。焼肉とかやった後は特に。

:そうだね。焼肉なんて余計にわかりますよね。

:うん。次の日に残らないですもん。

:前の家は結構長~く前の籠ってたのに、今は夜ごはん食べた後もそんなに感じ

ないもんね。前は部屋中にもくもくしてる感じだったじゃん(笑)

今は広さもあるけどそんなに感じないよね。犬とか飼ってても、匂わないんですか?

:いいみたいです。ペット臭も消えるっていうし。

:へー、ペット飼ってる人にはいいかもしれないですね。あっ、あとホールも作って良かったよね。

:あ、2階の?

:そうそう。友達の家はホールとか無くって、洗濯物が旦那さんの寝るところの上に干してあったりしてたから。(笑)

:物干が掛けられるようになってるんですもんね。

:前は雨の日はもう洗濯物干さないでおこうって、で次の日に洗濯とかしてたんです

けど。ここは雨の日でも干してると結構乾く。(笑)

:湿気も珪藻土の壁が吸うからですかね?


:日差しも入るので。だからちょっとまだ乾いてなくて、中で干したり。あと、ここ

(リビング)から暖かさも上に行くのでー、それもあって乾く。 

:珪藻土がぼろぼろ落ちるとか気になりません?大丈夫?

:あ、最初はなんか服に付いたりとかありましたけど…気にならないですね。

こはるがちょっとガリガリってやったときに気になったけど(笑)

:もうだいぶ馴染んで来たでしょ?これ3年くらい経つと落ちなくなりますよ。

:そうなんですね。

:うん。馴染みますね。今は真っ白ですけど経年で若干、黄色っぽくなります。

:画鋲とかで穴空けちゃったらクロスだと終わりじゃないですか?だけど珪藻土ならもしダメでも塗ればいいやっていうのがあるんで、どんどん開けちゃってます(笑)

 

:あのーこれだけなんにもなく、二人に「良かったよー」って言ってもらえると僕ら

建築やってて、本当に良かったって思います。設計してても、営業してても、「良かったなぁ」って。喜んでもらえて。

:もう大満足ですね。

:うちらも満足だよね。わたしの母親も住みたいって言ってますもん。

:親がもう、気に入ってくれて。

本当に不満が無くて嬉しいですね。

:本当にね。

:ないもんね。

:何か悪いこといってください。(笑)

:あはは、本当に無いですよ。

:あっ!一個だけ!ドアがストッパーに食い込んじゃうんです(笑)

:たぶん原理状、マグネットが上がるはずなんですけどね。それがどこかにひっかか

るんでしょうね。

:あー、そういえばそうだね。

:構造上の問題かもしれないんで。ちょっと調べます。あのアフターのほうにいって

おきますね。

:はい。

:今後も不具合があったらいつでも言ってください。

 

 自然が好きな人、アレルギーの人には特におススメ

 

:最後にタカトーホームで家を建てたら幸せになりそうなお客さんって、どんな人だと思いますか?

:調湿作用がアトピーとかアレルギー持ってる子供がいる家庭にはいいのかなって。

:これ住んでみて違いが分かったりしますか?

:もう全然違うと思います。

:あとニオイですよね。匂いがお家の中に付かないっていうか。

:確かにそうですよね。もう半年住んでますもんね。

:玄関は今でも木のニオイする。

:じゃあ自然な感じが好きな人とか、子どもがアトピーだったりとかそういう人におススメという事ですね?

:うん。そうだね。

:あと、ご主人が「ノドがーノドがー」っていう人?(笑)

一同:(笑)