• [お電話でのご相談はこちら]0120-37-2552[メールはこちら]
      follow me!
    • Instagram
    • facebook
  • 営業時間:10:00〜18:00 定休日:火・水曜日(月の最終火曜日は営業いたします。)

邑楽郡大泉町T様邸

奥様= お母様= 娘様= インタビュアー:森山・大槻=森・大

 

お家づくりを考えるようになったきっかけ

 

:お家づくりを考えるようになったきっかけっていうのはなんでしょう?

 

:家づくりを考えるきっかけってなんだっけ?

 

:家がすごく古くなったからじゃない?

 

:前の家がすごく古くなってきたからっていうのはあるよね。

 

:それとネイルの仕事をやりたいんだって言って。

 

:そうそう。ネイルの仕事をやるのに、よそで借りるより家でやった方がいいし、あとはお母さんを1人で置いておくのもちょっとって思って。勤めていた時もあるんですけど、そうすると日中はずっと家が空いちゃうし、家にいた方がやっぱりね。家でできる仕事の方が安心かなっていうのもあるんで、1番効率的じゃないかなって。家でやれば家賃もかかんないし。

 

:家でできる仕事は良いですよね。ちょうどそういう趣味があったんでね、良かったよね。

 

:趣味…笑。今は仕事だけど、もともとは趣味だよね。

 

:もう長いんですか?お仕事でやりはじめてからは。

 

:いや、そんなに長くないんですよ。それまでは出張でやってあげたりしてたんだよね。1年くらい出張でやってて、こっち(自宅)で1年だから、もう2年くらいかな?

 

:まだそんなもんですか?

 

:そうです。だって4年くらい前に2年間スクールに行ってたので。だからネイルの関係もあって、前の家でやるには古いし「じゃあ建てようか」っていうのからですかね。きっかけとしては。

 

 

 

 

 

 

当時どんな家が理想だったのか?

 

:最初はどんなお家を思い描いていたんでしたっけ?

 

:建てようと思った時ですか?最初はホントに変な話、「こうしたいな」っていうのはなくて、ただ建て替えたいなって。だから、「新しくなればいいや」ってくらいの感じだったんです。だから他の会社は何か所も見ていなくて。でもか所くらい行ったかな。前橋とか高崎にも行ったけど、なかなか平屋の展示場はなくて。でも最初は階も検討していたんだよね。

 

:そうだったっけ?

 

階でもいいやってくらいでいて。でも途中から、もともと平屋に住んでたから平屋が良いって言いだして。それでネットで調べたりして。

 

:でも慣れてるから暮らしやすいですよね。

 

:ねぇ!

 

:で、その当時平屋の展示場ってタカトーさんくらいしかなかったですよね。

 

:うん、ないですね。

 

:じゃあ見てみようって。あとは弟の家がタカトーさんだったから、タカトーさんのことはもともと知ってたんですよね。だからタカトーっていう頭はあったみたいで、平屋の展示場があるから行ってみたんです。行ったらやっぱりね、「平屋が良いね」ってなって。でも良いですよ、やっぱり。無垢の床と珪藻土。

 

 

 

ネイルサロンの併設

 

:ネイルサロンの方は、どんな感じが良かったんですか?

 

:私は最初からこういうのが良いっていうのがないから、磯島さん(担当設計)任せでしたね。それに、設計士さんからしても下手に我を言われるより、お任せしてもらったほうが良いって言ってくれて。お客様からも結構好評で、癒されるって言ってもらえますよ。

 

:それは嬉しいですよね。

 

:はい。全体が白で、ニッチとか照明とかこだわってやってもらったので。広さはそんなにないけど、完全予約制で誰とも被らないっていうことと、ゆっくり寛いでもらうっていうコンセプトっていうのもあるかもしれないですね。出入り口も玄関横からだから、すごい入りやすいし。だから玄関を別にしたっていうのはやっぱり良かったみたい。ニッチもそうだけど、棚も造り付けてもらって、みんなが「良いね!」って言いますもんね。

 

:良かったです!何よりです。

 

:うん。

 

:だからサロンの造り方とか磯島さんもいろいろ見てくれたみたいで。「ネイルサロンって初めてなんだけどな」って言ってて、勝手なイメージでこんな感じにしてみたんですけどって見せてくれたのがすごい良くって。自宅だから夜とかでも対応できるんで良い4ですよね。普通の店舗だと何時までって決まっちゃうし。そういう面でも自宅に併設してホントに良かった。

 

:じゃあ玄関は別にしておいて良かったですね。

 

:それはもう絶対!!

 

:でも一時期悩みましたよね?

 

:そう、玄関から横にすぐ入口があれば良いかなって思ったんだけど、でもやっぱり別のが良いかなって。みんなも入りやすいって言いますよ。

 

:玄関からだとちょっと気使っちゃいますよね?人の家の気配を感じると、部屋は違っても何となくね。

 

:あっち(サロン専用入口)だと、家族になんの気兼ねもなく入って来られるからね。

 

 

 

 

 

 

 

タカトーを訪問した理由と選んだワケ

 

タカトーに訪問してくれた理由ってなんでした?

 

:お母さん一押しだったからね。

 

:決めた理由もそうですもんね。

 

:そうですね。

 

:ありがたいです。

 

:まず、弟の家がタカトーさんでやってたっていうのがホントに大きかったし、お母さんがタカトーさんには絶対的信頼を置いていて。会社を知っているし、震災後とかもすごい点検に来てくれたし。地元に本社がある方がなんかあった時に信頼度があるじゃないですか?それもあったので、考えるのももう大変だったし、建物見たら良かったし、「じゃあタカトーさんにしよう!」って。

 

森・大:ありがとうございます。

 

 

 

 

建てる前も、建てた後も・・・

 

 

:今回もそうだけど、アンテナの不具合とか小さいことでも気軽に言えるんで良いですよ。この間もアンテナを少しいじったらテレビが映んなくなっちゃって。みんなして「早く工藤さん(担当監督)呼んでよー」って。そういうのもあるからやっぱり地元が良かったと思いますよ。

 

:やっぱり地元が良いよね。近くってね。

 

:うんうん。

 

:あとは森山さんのキャラだよね。ほんわかしてたから。全部やりますって言ってくれたからお任せでって言って、全てを託した。

 

:ホントに何から何までお世話になっちゃってね。

 

:めんどくさいことも何もかもお任せで・・・

 

:いえいえ。

 

:仮住まいの世話までしてもらっちゃって、ホントに助かりましたよ。

 

 

 

 

お家づくりでめげそうになったことは?

 

:打ち合わせが多くて大変だった。

 

:あぁ・・・それはね~。ホントに変な話、すごいこだわりがあったわけじゃないから、「もう何でも良いですよ、適当で・・・」っていう感じだったんですよ。

 

:アハハ

 

:ここまで決めるの?って感じでした?

 

:でした!

 

:ですよね~。

 

:もう何でも良さそうなのでやってくださいって(笑) 文句言わないので、やってもらっていいですからって言って。

 

:打ち合わせって平均して何回くらいあるんだっけ?

 

:だいたい10回くらいかな?でも当時1213回?

 

:もうね、窓枠なんてなんだっていいですよ!みたいな感じでしたよ。でも何か変更したいなって思ったことがあっても、考えて良いと思って出してもらってるから、やっぱりそっちのが良いと思っちゃうんですよ。で、外の窓枠が黒なんですけど、1回白にしてみようかって思って、シュミレーションでやってもらったんですよ。そしたらやっぱり締まらないねって。だから最初に出してもらったやつが結果、1番良いんだって。それが間違いない!

 

:でも結構そうやって言うよね。色々自分の色を足していって分かんなくなっちゃって、統一感が無くなっちゃって、結局最初のプレゼンしてもらったのに戻るっていうのが1番しっくり来るかもって。

 

:途中で分かんなくなるんだよね。

 

:そうですよね。だから1番最初に「どういうお家が良いですか?」って聞かせてもらう時にどれだけ言えるかなんですよね。そこが1番大事だと思う。あとからでいいやってなるとやっぱり足しにくくなっちゃうし。

 

:私もそれは思う!でもうちは最初のプレゼンがすごい良かったからね。もうそれでいいじゃんってなった!だからほとんど変えず。

 

 

 

 

住んでから思うこと

 

:住んでみていかがですか?

 

:快適ですよ。だよね?

 

:そうだね。

 

:それにやっぱり断然、平屋の方が良いです。2階建てだと結局寝室がだから、何往復も上ったり下りたりが大変だし、あとお掃除とかもね。やっぱり2階ってめんどくさいよね。しかも今のうちはフラットだからホントに楽ですよ。

 

:ね。段差って言ったらもう玄関と故意に造った小上がりの所くらいですもんね。

 

:段差って言ってもね。でもこれがお母さんの上り下りで多少足腰の運動になってますよ、キレイなフラットより。

 

:運動になるよね。

 

:いつもそこに座っているから、何回も上ったり下りたり踏み台昇降のように。多少それも良いのかって。

 

:あと、この無垢の床は展示場と同じやつですか?

 

:同じやつかな。色は違うけどね。

 

:暗いほうから2番目くらいのやつ。

 

:暗すぎないから良いですよね。

 

:でもこれホントに良かったですよ、おかげさまで。

 

:良かった!

 

 :あと、お店を横に付けたので、玄関ホールが広いから楽だし、良いですよ。あとは空気もすごく良いですよ。ホントに言われるよね、変な生活臭がしないって。あとやっぱり湿気もない。雨の日とかでも夜干しておけば朝には乾いちゃいますもんね。そういうのもすごい便利。外がすごい暑くて帰ってくると、冷房していないのに玄関入るとひんやりするもんね。

 

:蒸し風呂みたくはならないよね。

 

:エアコンの効きも良いしね。

 

:うん、すぐ効くよね。

 

:それに全然部屋行かないですもん、この人(娘様)

 

:行かない!帰ってきたらソファにゴロンって(笑)

 

:やっぱりリビングにソファーを置けるスペースを造ったので良かったよね。

 

:快適だよね、ホントに。

 

:だからよく寝ちゃうよね。

 

:寝ちゃう。毎日寝てる!笑

 

:でもそうやってリビングにみんながいるっていうのは良いですよね。

 

:あと、親戚のおばさんとかも「この小上がりが良いよね」って言ってますよ。

 

:みんな座っていくよね。

 

:そうだね。で、上がるにも楽じゃないですか。1回腰かけてから足を上げればいいから。

 

:小上がりの所の収納は結構使ってます?

 

:使ってますよ。圧縮して入れたりしてます。リビング周りのこたつ布団とか、座布団入れ替えたりとか、敷物とかを入れてますけど、そこもやっぱり便利でした。ただ1点だけ不便なのが、クローゼット内の両壁とかの珪藻土が洋服に付いちゃうかな。珪藻土の良さはすごい実感してるんだけど、そこだけだね。建ててみて分かった不便なところ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

素晴らしい提案力でした!


:お家って長く住むから、あんまり流行りを入れちゃっても飽きが来ちゃうんですよね。あんまりコテコテにしちゃうと、今良くても、年取ってからがね・・・

 

:確かにね。でもうちは本当にシンプルでって言って造ってもらったからね。リビングは畳だけど、洋風の中にあっても違和感ないよね。

 

:うん。それに、畳の色が緑じゃなくて良かったよね。

 

:うんうん!!確かに。全然違いますよね。でもそれも何も言わなくてもこの色味で提案してきてくれた。だからやっぱり分かってくれているんだなって思いました。もともと最初に言ったんですよ、自分の好みを。本当にシンプルで、カントリーではなくっていうのをすごい言ってたんで、それを汲み取ってもらえったっていうのは良かったですね。感謝してます。

 

:縁ありの畳だったら、またテイストが変わってましたね。

 

:だからリビングが畳だけど、違和感なく馴染んでるよね。

 

:うん。

 

:自分では最初リビングの形っていうのは想像してなかったけど、思わぬところで「リビングを畳にしますか?」って提案してもらって。

 

:じゃあ最初はリビングと違うところに和室っていうイメージだったんですか?

 

:そうそう、お母さんがいるから、狭い和室を1個造ろうかって思ってたんだけど、それだったら小上がりの畳でどうですかって言われて。最初は想像が付かなかったけど、図面見たら「あ~!なるほどね~」ってなって。

 

:ここの小上がりも普通はもうちょっと低いんですよ。でも腰かけるにはこのくらいの方が楽ですよね。高さがあるから収納もいっぱい入るし。

 

 :あと、ここのテレビ台も高さが全部同じだからスッキリするし、人が結構来た時もこの小上がり部分だけで間に合うし、割と結構な人数が入れるよね。圧迫感なく人が分散できるから良いですよ。だからうちの場合はこういうスタイルにしておいてホントに良かったなって。あと冬、こたつがホントに良いんですよ。

 

 

 

 

 

タカトーの家をオススメしたい人・・・

 

 

:オススメしたい人ってどんな人ですか?

 

:結婚したての若い人。可愛い感じにしたい人。それに注文住宅ってこんなにもたくさん選べるんだってすごい楽しかったから、そういうのが好きな人にはオススメしたいですね。

 

:ファミリー系?

 

:そうそう!

 

:でもそういう人多かったよね、この間の感謝祭。

 

:若いファミリーがね。だから「家族と成長する家」みたいな感じかな。

 

:良いじゃないですか!そういうお家が造りたいっていう人にはぜひって感じですね。

 

:だから娘にもオススメしますよ。将来家を建てる時が来たら。

 

:ね~~~!

 

 

 



●施工データ:T様邸
地域:邑楽郡大泉町

引渡し年月:H29年8月
間取り:2LDK+ネイルサロン