コンテンツ3

新着情報

土地ありで2,000万円台の家を建てる際の費用や間取り例を紹介

土地をすでに持っている方で、2,000万円台の新築住宅を建てることは可能です。

しかし、何にどれほどの費用が必要なのか、限られた予算内でどのような間取りが選べるのかなど、気になる方も多いでしょう。

この記事では、土地ありで2,000万円台の家を建てる際の費用内訳と、予算内で実現できる間取り例を解説します。

建築費用を抑えるためのポイントや当社おすすめの施工プランもまとめましたので、新築住宅を検討している方はぜひ参考にしてください。

土地ありで2,000万円台の家を建てる際の費用内訳

土地ありで2,000万円台の家の部屋

家を建てる際にかかる費用は、土地以外で大きく次の3つに分けられます。

  1. 建物工事費用
  2. 付帯工事費用
  3. その他諸費用

総費用の7割ほどを占めるのが、建物そのものの建築にかかる「建物工事費用」です。

基礎工事をはじめ、屋根や外装・内装の工事、住宅設備の設置にかかる費用などが含まれます。

対して「付帯工事費用」とは、建物以外の工事にかかる費用で、総費用の約2割を占めます。

水道管やガス管の引き込み工事、駐車場や庭・門の設置など、建物の外回りにかかる費用が主な項目です。

地盤調査や地盤改良にかかる費用も含まれるため、高額になるケースがある点に注意しましょう。

最後に、建築以外にかかる費用として総費用の約1割を占めるのが「その他諸費用」です。

たとえば、不動産取得税や各種保険料、住宅ローンを組む際にかかる手数料などが含まれます。

引っ越し費用が含まれる場合もあるでしょう。

新築住宅を建てる際に費用を抑える4つのポイント

土地ありで2,000万円台の新築住宅を建てるためには、建築にかかる費用を抑えるための工夫が必要です。

ここでは、費用を抑えるためのポイントを4つ紹介します。

  1. 建物をシンプルな形にする
  2. 水回りを一箇所に集める
  3. 建物をコンパクトなサイズ感にまとめる
  4. 工務店選びにこだわる

ポイント①
建物をシンプルな形にする

シンプルな形の家

1つ目のポイントは、建物をシンプルな形にすることです。

凸凹のある外観にすると屋根や外壁の形状も複雑になり、その分コストがかかってしまいます。

正方形や長方形のようにシンプルな形にすることで、建築にかかる費用を抑えられるでしょう。

また、階数は2階建てがおすすめです。

同じ延べ床面積でも平屋の場合は建築面積が広くなるため、その分屋根のサイズが大きくなります。

屋根材にかかる費用はもちろん、建築費用がかさむ原因に。

できるだけ建築費用を抑えたい場合は、2階建てのシンプルな形がよいでしょう。

ポイント②
水回りを一箇所に集める

水回りを集めたフロア

水回りを一箇所に集めることも、費用を抑えるためのポイントの1つです。

キッチンや浴室、トイレなどを集約することで、給排水管の設備を共有できます。

さらに、給排水管から各水回り設備までの距離を縮められるため、コストの削減につながります。

特に、2階建ての場合は水回りの設備をワンフロアにまとめるとよいでしょう。

生活動線を意識した水回りの配置も重要ですが、建築費用を抑えるという点では、水回りを集約させてコスト削減に臨むことが大切です。

ポイント③
建物をコンパクトなサイズ感にまとめる

コンパクトなサイズの家

>>LINEから施工事例をチェックしませんか?

3つ目のポイントは、建物を総2階建てのコンパクトなサイズ感にまとめることです。

2階建てよりも平屋のほうがコストはかからないように思われがちですが、そうではありません。

平屋のようにワンフロアで広い面積を求めた場合、2階建てと同じ延べ床面積であっても屋根や基礎工事にかかる費用がかさむからです。

建築費用を抑えるためには建物をコンパクトにまとめたうえで、シンプルな形を選ぶことがポイントです。

コンパクトであっても階段下をトイレにしたりデッドスペースに収納を設けたりと、間取りを工夫して快適な住空間を実現できるでしょう。

ポイント④
工務店選びにこだわる

建築費用を抑えるためには、工務店選びも大切です。

比較的低コストで新築住宅を建てられる、独自のプランを用意している場合があるからです。

たとえば、住宅設備や内装材などをパターンから選ぶプランや、販売価格が決まっている規格住宅を展開する工務店などもあるでしょう。

また、ひとくちに規格住宅といっても、標準設備のラインナップや住宅性能はさまざま。

新築住宅に求める項目によっても、相性のよい工務店は異なるでしょう。

予算はもちろん、理想に近い住宅プランや施工実績のある工務店を見つけるためにも、いくつかを比較検討することがおすすめです。

タカトーホームでは、お客様の家づくりを良心的な価格設定でサポートしております。

理想をカタチにしたこだわりのマイホームを、施工事例ページよりぜひご覧ください。

土地ありで2,000万円台の家を建てる場合の間取り例

土地ありで2,000万円台の家のリビング

タカトーホームでは、土地ありで2,000万円台で購入していただける住宅プランを用意しております。

その中から、平屋と2階建て住宅の間取り例をそれぞれ紹介します。

  • 平屋28坪|3LDK+WIC
  • 2階建て34坪|4LDK+WIC

間取り例①
平屋28坪|3LDK+WIC

平屋建て28坪の間取り

主寝室と子ども部屋を2つ設けた3LDKの家。

リビング奥に水回りを配置することで、家族同士で顔を合わせる機会が増え、コミュニケーションが取りやすい魅力的な間取りです。

キッチンからは、リビングダイニングを見渡せる開放感ある空間に。

LDKは4人掛けのダイニングテーブルとソファを置いても窮屈感のない、十分な広さが確保されています。

収納スペースが各部屋に設置されているため、お子さまが成長しても服や小物の収納に困ることはないでしょう。

3LDKは、家族構成に合わせて子ども部屋だけでなく、書斎や趣味部屋としても活用できるので利便性の高い間取りです。

【関連記事】【間取り図付き】平屋の実例集~理想の平屋づくり~

間取り例②
2階建て34坪|4LDK+WIC

2階建て34坪の間取り

南側に多くの窓を設置した4LDKの家。

十分な採光と通気性で、明るく心地よいリビングダイニングに仕上がっています。

寝室を2階に集約できる点は、2階建てのメリット。

1階は活動の場として、2階は静かに過ごす場として、生活にメリハリをつけたい方におすすめの間取りです。

2階につながる階段はリビングを通過する位置にあるため、家族が孤立することもないでしょう。

主寝室の外にはバルコニ―を設置しています。取りこんだ洗濯物は、寝室奥のウォークインクローゼットにそのまま移動可能。

毎日の家事もスムーズな動線が確保できれば、時短につながるでしょう。

タカトーホームが提供する2,000万円台の家のラインナップ

2,000万円台の家

タカトーホームでは、家の大きさによって価格が決められている「cocokara(ココカラ)」を提供しております。

2,000~2,200万円台(※)の家も揃っており、以下のラインナップからお好きなプランを選択できます。

※付帯工事費用は別途かかります。

※土地価格を含めない、建物のみの価格です。

  • 2,020万円(税込)/28坪/平屋ベース
  • 2,060万円(税込)/30坪/平屋ベース
  • 2,130万円(税込)/32坪/2階ベース
  • 2,170万円(税込)/34坪/2階ベース
  • 2,210万円(税込)/36坪/2階ベース

上記のプランを決めたら、外観・内観を決める3つのスタイル「Natural(ナチュラル)」「Japanesque(ジャパネスク)」「Simple(シンプル)」を選択。

ベースがありながら、カスタマイズできる自由さが「cocokara」の魅力です。

豊富な標準設備もタカトーホームならでは。

食器棚や玄関収納、断熱玄関ドアの設置などが基本プランに含まれています。

ほかにも幅広い標準設備を揃えていますので、ぜひcocokaraの詳細ページをご覧ください。

なお、オプション選択時は別途費用がかかりますので、あらかじめご了承ください。

【関連記事】タカトーホームで建てられる新築一戸建て”4つのプラン”まとめてみました!

まとめ
土地ありで2,000万円台の家を建てるならタカトーホーム

土地ありで2,000万円台の家のダイニング

土地ありで2,000万円台の家を建てる際にかかる費用には、次の3つが含まれます。

  1. 建物工事費用
  2. 付帯工事費用
  3. その他諸費用

建築コストを抑えたい場合は、シンプルな外観を選んだり水回りを集約したり、「建物工事費用」を抑えることが重要なポイント。

理想の住宅イメージに近いプラン内容や、実績をもつ工務店を選ぶことも欠かせません。

タカトーホームのラインナップ「cocokara」なら、土地ありで2,000万円台の家を5つのプランからお選びいただけます。

希望の価格プランからお好きな坪数を選択して、予算内で理想のマイホームを手に入れましょう。

タカトーホームの施工事例ページでは、自然素材にこだわった健やかな家の数々をご覧いただけますので、ぜひ参考にしてください。

\あわせて読みたい関連記事/

【関連記事】厳選|タカトーホームの新築一戸建ての人気オプションベスト5
【関連記事】こだわって大正解!子育て世帯のお客様が満足している設備TOP5
【関連記事】タカトーホームがおすすめする、失敗しない新築一戸建ての間取り5選!