コンテンツ3

新着情報

土地探しのコツ5選!9つのチェックリストで理想の土地を見つけよう

家づくりを考え始め、これから土地の購入を検討している方の中には、探し方に不安があり、購入へ踏み込めない方が多いのではないでしょうか。

注文住宅を建てる場合は、土地探しから始めることになります。

しかし、土地の見方や探し方のコツを理解していなければ、求める土地の条件がわからず、理想の土地を探すことは難しいといえます。

土地探しの知識をつけておくことで、売地が出た際に迅速に対応できるため、同じ条件やエリアで探している競争相手よりも早く購入に踏み込めると思います。

そこで今回は、土地の購入を考えている方に向けて『土地探しのコツ5選』『9つのチェックリスト』などをご紹介していきますので、ぜひお役立てください。

土地を探す前に決めておきたい3つのこと

土地を探す前に決めておきたい3つのこと

土地を探す前に、どのような土地を希望しているのか、外せない条件などをしっかり決めておく必要があります。

また、土地の購入と合わせて家づくりの資金計画についても考えておきましょう。

1.土地購入にかけられる予算

土地代金にいくらかけて良いのか分からない方が多いのではないでしょうか。

まずは資金計画を立てることをオススメします。

借入金額を把握することで、いくら土地代金にあてられるのか見えてきます。

理想に近い土地になると金額も高くなるため、まずは判断基準になる資金計画を立てることが大切になります。

先に資金計画を行うことで家にかけられる金額や、土地を探すエリア、広さ等もスムーズに判断できます。

2.希望エリア

土地選びの際に、よく比較されるものについていくつかあげていきます。

  • 価格
  • 面積
  • 地形
  • 駅へのアクセス
  • 通勤時間
  • 交通量
  • 学校までの距離
  • 買い物施設(商業施設)
  • 将来の住環境
  • 洪水、土砂災害エリア

などがあげられます。

人それぞれ環境やこだわりに違いがあるので、暮らしをイメージして希望エリアについて考えてみましょう。

3.希望条件の順位づけ

すべての希望条件にあてはまる土地は見つからないことが多いため、希望条件に順位付けをしましょう。

優先順位を付けることで譲れない条件や、諦めのきく条件を明確にすることができます。

また、併せて購入を決めるラインを引いておくと、購入の決断が最短化され、他者に先を越されてしまうケースも防げるでしょう。

土地の探し方は?

土地探しの方法ついて3つ詳しくご紹介します。

1.インターネットや自ら足を運んで探す

インターネットでの検索は手軽にできますし、希望エリアの相場観も把握できるので、まずは見てみると良いでしょう。

希望エリアが近くの場合は、自ら足を運んで探すのも1つの手です。

売地や分譲工事中の土地がないか実際に現地に行くことで、家を建てる街の雰囲気や生活をイメージすることができます。

2.不動産会社に依頼する

土地探しといえば不動産会社をイメージする方も多いでしょう。

不動産会社には、ネット等にまだ出ていない土地情報などがある場合があり、いち早く情報を手にしたい方にはオススメです。

不動産会社は自社で持っている土地情報を紹介することになるため、複数の不動産会社に依頼すると良いでしょう。

3.ハウスメーカー・工務店に依頼する

注文住宅を依頼するハウスメーカーや工務店が決まっている場合は、土地探しから依頼することをオススメします。

希望の家が建つ条件、その他の要望もふまえて土地を探してくれるため、その後の家づくりもスムーズになります。

また、土地には家を建てるまでに多額の費用がかかるケースがあるため、併せて敷地調査も依頼すると良いでしょう。

土地探しのコツ5選

土地探しのコツ5選

>>LINEから施工事例をチェックしませんか?

ここでは土地探しのコツ5選をご紹介していきます。

色々な物件販売サイトや不動産屋さんから紹介された物件をどのように進めていくのかのコツをお教えいたします。

何をどうしたら全く分からない方には必見です。

コツ①
必ず自分の目で確かめる

不動産屋や建築会社から土地の資料(物件概要書)をもらったら場所や価格・広さ(坪数)などを確認して、希望の条件に近い物件の場合は必ず現地まで出向いて物件を確認してください。

そうすることで資料の情報では見えない部分が見えてきます。

例えば近くに工場があったり、目の前に高層のアパートあったり、臭いや日当たり・騒音などの問題も解決できます。

また道幅などストレス無く通勤通学できるかも確認してください。

職場や学校までに距離や道のりなども確認すると良いでしょう。

コツ②
どのような家を建てられるかイメージする

ご希望の建物が平屋か2階建てかにより敷地に対して建物の割合も大きく変わってきます。

1番影響を受けるのが駐車場です。

自分たちに必要な台数が停められることを確認するのは非常に大事です。

土地の形や道路に対して接面の距離により停められる台数は様々です。

また土地の面積により平屋が入らないというケースも存在します。

実際に現地へ行ってもイメージしにくいので、建築会社に敷地利用計画図を依頼して目で確認してから検討することをオススメします。

コツ③
建築できる建物の条件を確認する

土地には色々な規制や制限があります。

都市計画法や建築基準法などにより希望の間取りや外観にできない場合があります。

建蔽率や容積率により敷地に対して建物が制限されるのは有名ですが、建物の高さの制限や道路斜線制限・隣地斜線制限・北側斜線制限などもあります。

また都市計画区域により、農地法や開発行為が必要な場合もあり、建築対象にならない場合もございますので注意が必要です。

詳しい内容は建築会社のプロに尋ねるのがオススメです。

コツ④
建物(中古)付きの土地も視野に入れる

土地を探していると中には「解体更地渡し」や「中古住宅現況有姿販売」など中古の建物が現存する状態で売りに出されている物件もあります。

ただ、更地の物件と違って建物がある状態だとイメージが沸きにくく、さらに中古物件が存在することにより敷地全体が確認できないのと同時に劣って見えがちです。

更地になった状態を想像することは非常に難しいとは思いますが、偏見などで候補から外すのはもったいないですので検討してみるのもオススメです。

コツ⑤
条件を100%満たす土地はないことを理解する

自分たちの理想を全て兼ね揃えた物件に出会えれば言うことはありませんが、土地は建物と違い理想通りにつくり上げることができません。

販売されている価格と広さ(坪数)で購入するしかありません。

「もうちょっと広ければ(小さければ)」や、「もうちょっと学校が近ければ…」など不満な点は必ずあると思います。

従ってご自身の土地に対する希望の優先順位を基準にしてください。

例えば、日当たり>価格>エリアなど、譲れない優先順位があれば必然的に答えに近づいていきます。

最後のアドバイスは、良い土地は思っている以上に売れるのも早いです!

土地探しの際のチェックリスト9項目

1.希望のエリアか?

まずはご自身の希望エリアの土地なのかが重要です。

多少エリアから外れていても、その他の条件が良いなら候補に残しておいても良いでしょう。

2.広さは適切か?

建物・駐車場・庭などを造れる適切な広さかを確認しましょう。

自分達では判断が難しいので、一緒に見てもらうことをオススメします。

3.周辺環境は良いか?

土地のすぐ周りだけでなく周辺の環境は良好なのかもチェックが必要です。

駅やスーパーや病院など自分がよく使う施設を確認しましょう。

4.予算内か?

土地にお金をかけすぎてしまうと希望通りの建物や外構ができなくなってしまいます。

予め土地の予算を決めて選ぶようにしましょう。

5.通勤・通学距離はどれくらいか?

ただ距離を調べるだけでなく会社や学校までのルートをチェックすることです。

同じ距離でも信号や停止線の多さなどによって通勤時間が変わります。

6.日当たりは良いか?

土地の南側がどのような状況か確認し、日当たりのチェックをしましょう。

南側に建物が建っていたり、道路がある場合は日当たりが確認しやすいです。 

7.過去の災害時の被害はどうだったか?

最近は大雨や地震の災害も多いので過去の被害をチェックしておくことが大切です。

ハザードマップや近隣の方からの経験談など情報を収集し安全な地域かを確認しましょう。

8.ライフラインは整っているか?

電気:電柱や電線が近くにあるか

水道:前面道路に水道管が通っているか

ガス:都市ガスの場合はガス管が通っているか 

これらの環境が整っていないと費用がかかったり、建築するまでに時間がかかる可能性があります。

9.排水の種類はなにか?

本下水:道路に埋まっている下水管に排水を流す

浄化槽:敷地内に設置した浄化槽で汚水をキレイにしてから側溝などに排水する

土地を探す際の注意点

土地を探す際の注意点

続いて土地を探す際の注意点を2つご紹介します。

やはり注意点は期限を設けて、他の競争相手より先に決断することです。

注意点①
土地探しの期限を決めて引き伸ばさない

土地探しにかける期間の目安は、おおむね1年以内にしましょう。

良い場所がすぐに見つかり2〜3ヵ月で決めてしまう人もいれば、条件が合う土地がなかなか見つからず2年、3年とかかってしまう人もいます。

焦ることはありませんが時間をかければ嫌気がさしてしまうこともあります。

もう少し好条件の土地が出てくるかもしれない…とあまり欲張らずに期限を設け集中して取り組みましょう。

注意点②
条件の良い土地は早めに決断する

条件が良い土地ほどすぐに買い手が付いてしまいます。

じっくり吟味することも大切ですが良い土地はできるだけ早めに決断しましょう。

全ての希望を満たしていなくてもおおよそ条件を満たしていれば良いと考えることです。

希望通りの土地にこだわりすぎると、いつまで経っても決められません。

まとめ
土地探しのコツを踏まえて理想の家を実現

まとめ:土地探しのコツを踏まえて理想の家を実現



いかがでしたでしょうか?

今回は色々な土地探しのコツをお教えいたしました。

これから土地探しを始める方の参考になればと思います。 

土地探しはここで書かせていただきました通り、チェック項目がいっぱいです。

タカトーホームでは、土地探し無料相談を行っております。

今回ご紹介した中で分からない項目がある場合は、タカトーホームにお越しいただければ1からご説明させていただきます。

また土地探しもご一緒にさせていただきますので、お気軽にご相談いただければ幸いです。

ぜひご自分にあった土地を見つけ、より良い家づくりをしましょう!

\あわせて読みたい関連記事/

【関連記事】土地ありで1,500万円台の家を建てる際の費用や間取り例を紹介
【関連記事】土地ありで2,000万円台の家を建てる際の費用や間取り例を紹介
【関連記事】20坪はどれぐらいの広さ?間取り例と20坪を有効活用するポイント